スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
スペイン

マイナー産地、マイナー品種、彗星の如く現れた超新星らしい。。

クロス・ロヘン 2019 ボデガス・イ・ビニェードス ポンセ

Clos Lojen Bodegas y Vinedos Ponce

参考小売価格:1500円

産地:スペイン・カスティーリャ・ラ・マンチャ・マチュエラ

品種: ボバル

購入元:かめや

インポーター:モトックス

Clos Lojen

当研究所の購入頻度の高いインポーターでおなじみモトックスさんのページで、マイナー産地、マンチュエラに彗星のごとく現れた“新世代”の造り手と派手に紹介されていたので飛びつきました。

費用対効果で味わいの満足度が高めなスペイン産で、マイナー生産地とくれば安くても美味しそうな雰囲気は漂っています。

実売価格千円前後なので、どう転んでも許容できる範囲なのですが、冒頭で述べた、輸入会社の気合の入った紹介ページに否が応でも期待値を高く見積もってしまいます。

まず、新世代なんてフレーズの謳い文句なのに、まさかのコルク栓でイラッときます。五千円以下のワインは全てスクリューキャップ派の私にとっては出鼻で印象はマイナススタート。

香りは低めでフレッシュなベリー系主体。やや単調に感じるものの凝縮度は高めなので安っぽさは軽減されています。そして口に含んで好印象に反転。

ボディーは中程度軽めよりですが、酸味がしっかりとした果実味が自然な口当たりなので、心地よい味わい。

すっぱ系ワインはあまり得意ではないですが、茎の要素や土っぽさを微かに感じ取れるので、飲み進めるにつれ楽しくなってくるワインですよ。

庶民のワインポイント 

(採点基準はここをクリック)

値段(小売):50点

生産地:2点

アロマ :5点

バランス :5点

余韻 :6点

複雑性:6点

買いやすさ:3点

主観:5点

総合得点:82点

庶民のマリアージュ

  • おでん(大体の具材イケル)
  • 豚肉の生姜焼き
  • 落花生(千葉の生)
  • おから
  • 高野豆
  • 腐ねぎま(タレ)

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。