オープンキャンペーン&スタッフ対決は要チェック!
フランス/ブルゴーニュ地方

ブルゴーニュ品種のオールスターブレンド

ヴーヴ・アンバル クレマン・ド・ブルゴーニュ グラン・キュヴェ ブラン・ブリュット

Veuve Ambal Crémant de bourgogne Grande Cuvee Blanc Brut

参考小売価格:2500~2800円ぐらい

産地:フランス・ブルゴーニュ

品種: ピノ・ノワール、シャルドネ、ガメイ、アリゴテ

購入元:タカムラワインハウス(楽天)

インポーター:三国ワイン株式会社

タカムラワインハウスさんから先月購入したクレマンセットからの秘蔵っ子。

なぜ楽しみに残していたかというと、タカムラさん直輸入じゃない定価3千円クラスの高級レンジですし、何よりその品種構成。

ブルゴーニュ地方で栽培されているAOC認定の全品種がブレンドされたオールスターブレンドですよ。

珍しさも相まってとっておきの日に飲むつもりでしたが、餃子食べるタイミングで、安泡のストックを切らしていたため、満を持して飲んでみました。

まず、見た目の泡だちが強めで、高品質スパークリングの雰囲気がでています。

爽やかレモン柑橘系から始まり、イースト香、ナッツ香とまるでシャンパンを彷彿させるリッチなアロマ。嫌味なく定価なりのポテンシャルを飲む前から理解することができます。

スタートはスパークリンググラスで飲み始めましたが、リッチな味わいの変化をゆっくり楽しむため2杯目からはやや口が広い万能高級グラスにチェンジ。

ガス圧高め、骨格もガッチリ。噛みごたえもあるので、飲み物というよりは食べ物として楽しむことができます。

余韻の伸びはないですが、ゲップした時の風味はシャンパンぽかったので高級感は間違いなくあります。

餃子と合わせるなんて勿体無すぎる、セットで買うと大勝利のクレマン・ド・ブルゴーニュでした。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Cランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。