フランス/アルザス地方

シャンパンを凌駕するクレマンここにあり。

クレマン ダルザス エクストラ ブリュット/ジョセフ グリュス エ フィス

Cremant d’Alsace Extra Brut Joseph GRUSS et Fils

参考小売価格:2700円

産地:フランス/アルザス

品種: ピノ・ブラン、オーセロワ、リースリング

購入元:かめや

インポーター:ラックコーポレーション

満足度の高いスパークリングワインを比喩するときに「まるでシャンパーニュ」なんて言われることがありますが、同じ価格帯で比較すればクレマン(簡単に言うとシャンパーニュと同じ製法で造られるシャンパーニュ地方以外のフランス産スパークリング)の方が優れていると感じております。

今回のアルザス地方産スパークリングも、同じ価格帯のシャンパーニュと比較すれば圧倒的にアルザスの勝利と自信を持って宣言できるクオリティ。

純粋に味わいの満足感だけで値段を考えると、売価5〜8千円と言われても納得できるだけの美味しさがここにありました。

豊富で力強いきめ細かな泡。イヤホンをして口の中に含むとバチバチと泡が弾ける音がしっかり聞こえます。

ふくよかで心地よい風味のグラデーションを感じ取れる香り。

極辛口のドライ仕上げなのに、果実の甘味が洗礼されていてうっとり。

まるでピアニシモで終わる交響曲のように、私の心に官能的な余韻を残す綺麗なワイン。

ブラインドワイン会で参加者を驚かせることができる秘密兵器的ワインですよ。

※トリビア※ 使用されている品種「オーセロワ」は白ブドウのオーセロワで、黒葡萄のオーセロワ(マルベック )とは全くの別物。アルザス・ピノ・ブランやアルザス・クレヴネルとも呼ばれいるアルザス地方の補助品種として活躍しているブドウみたいですね。

庶民のワインポイント 

(採点基準はここをクリック)

値段(小売):37点

生産地:4点

アロマ :8点

バランス :10点

余韻 :8点

複雑性:9点

買いやすさ:4点

主観:10点

総合得点:90点

庶民のマリアージュ

食前やすっきりしたい時の締めワインとして楽しんでもらいたい。

ABOUT ME
たいがくん
たいがくん
所長:井原大賀(36)/年間ワイン消費50万ml以上の狂信者/ブラインドテイスティング日本一を目指しています。/ソムリエ協会認定講師/ポッドキャスター/毎日更新のテイスティング日記/毎週配信のネットラジオ/コラボやお仕事のオファー受付中 /Appleフリーク/FP/経営コンサルタント