オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

フランス/ローヌ地方

ローヌ通が選んだローヌロゼ

ヴァン・ド・フランス・ロゼ ピンクペゴー 2020

Chateau Pegau Pink Pegau 2020

参考小売価格:2200円

産地:フランス・南ローヌ

品種: サンソー / グルナッシュ / カリニャン

購入元:頂き物

インポーター:株式会社ミレジム

先月に秋元さん(本当に必要なワインの知識著者)からサプライズで頂いたロゼワイン。

これまで、「レ・ザコル ル・ロゼ・デ・ザコリット」「ドメーヌ・ダヴィド・デュバン ブルゴーニュロゼ 」と飲んできましたが、全て想像を超える美味しさ。

そして、このワインを手にとって気づいたのですが、3本のセレクト全てフランスの伝統的生産地。

「オルタナティブ品種(国際品種を安価に楽しめる品種)」を著書で語っていただけに、何か変化球を混ぜてくると身構えておりました。

しかし、秋元さんはローヌワインのイベントを主催されるほどのローヌ通でローヌ好き。

ローヌ苦手と公言していた私に、新たな世界を見せてくれる意図を汲み取り、期待してあけてみます。

香りはちょい甘のイチゴですが、一口目の感想は

「苦くて酸っぱくて辛い」

骨格はしっかり目で、余韻で梅の要素。

二口目からは食事と合わせながら飲んでいたので、円みがでてきます。

実税2千円ぐらいのロゼは印象に残らない薄い辛口が多いので、良い意味でインパクトあり。

飲み始め1時間で完飲したので、飲みだしたら止まらない系のやつですね。

本日の組み合わせ

練り物中心のオリジナルおでんと自家製ザワークラウト。

生臭さが出てくること無く無難に合わせられます。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Bランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com