家飲みワインの強い味方
令和は業務用ワインをオンラインで
フランス/ボルドー地方

高級ボルドーを注入してみる

シャトー ヴェルヌー メドック クリュ ブルジョワ 2018 

CHATEAU VERNOUS MEDOC CRU BOURGEOIS

参考小売価格:5500円

産地:フランス・ボルドー

品種: カベルネ・ソーヴィニヨン55%、メルロー41%、カベルネ・フラン4%

購入元:多分CAVE de L NAOTAKA(楽天)

インポーター:株式会社都光

確か福袋か何かで購入していたのですが、写真探せずに購入経路不明の高級高評価ボルドー。

気合を入れて飲みたかったが為に残しておりましたが、すっかりセラーの肥やしになっておりましたし、近々格付けボルドー飲む予定なので舌慣らしです。

今回は当研究所でも高評価のウェホフの4千円カベルネ・ソーヴィニヨンをベンンチマークとして飲み比べしてみます。

抜栓直後は極悪金賞ボルドーのようなイガイガした渋さで「うわぁ〜」でしたが、30分程落ち着かせて開眼。

スパイシーで甘さ控えめなのに、余韻で果実味が長く続くので、定価5千円も納得のクオリティ。。

味はしっかりしてるのに、重苦しさがないボディで飲み疲れしません。

ステーキと合わせるとマリアージュ決まりまくりが安易に想像できますし、食後にまったりのんでも楽しめますよ。

本日の組み合わせ

良質南アフリカのカベルネ・ソーヴィニヨンと飲み比べ

同時に飲み始めましたが、こちらの方が減りが早かったです。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Cランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。
秋冬にぴったりのカジュアルワインセット

令和は業務用ワインをオンラインで仕入れる時代