オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

アルゼンチン

樽熟成シャルドネの罠

エレメントス レセルバ シャルドネ 2020

ELEMENTOS Reserva Chardonay 2020

参考小売価格:税込み1518円

産地:アルゼンチン・カファジャテ

品種: シャルドネ

購入元:リカマンオンライン

インポーター:株式会社都光

シャルドネは一番好きな品種でありながら、一番苦手な品種でもある。

機会があるごとに嘆いているセリフですが、最大の要因は「樽熟成」で表情が180度変わる品種だからに集約されます。

今回のシャルドネは「樽熟6ヶ月の濃厚なシャルドネ」と販売ページにかかれていますし、ボトルの雰囲気も濃厚なバター系っぽかったので楽しみににしていました。

しかし、昨日アップした同じシリーズの廉価版シャルドネがあまりにもフレッシュタイプだったので、脳内で樽感を消して飲んでみました。

結論から言うと予想的中。

普段樽熟シャルドネはカルボナーラを始めとしたクリーム系料理と無難に合わせるのですが、今回はアジフライをメインに添えて実食。

マリアージュとまでは言いませんが、無難に合いますよ。

つまり、樽感は感じられなかったということ。

集中してワインだけで味わうと余韻でで少しバニラを感じる程度、ねっとり濃厚タイプとは程遠いフレッシュ系シャルドネ。

樽熟期待して飲んでいたらがっかりしてましたが、安い方から飲んでおいて正解でした。

本日の組み合わせ

アジのフライ、スクランブルエッグのほうれん草あえ

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Cランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com