スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
ニュージーランド

TKって名前覚えやすすぎ。笑

TK ピノ グリ (テ・カイランガ) 2019

TK Pinot Gris Te Kairanga 2019

参考小売価格:2100円

産地:ニュージーランド・ノースアイランド・マーティンボロー

品種: ピノグリ

購入元:かめや

インポーター:モトックス

ソムリエナイフ無くしてしまい、困っていた時に便利なのがスクリューキャップ使用率90%以上を誇るニュージーランドワイン。

あくまで当研究所比率でお話しすると、低価格でもニュージーランド産の白ワインにハズレなしって印象があるのですが、今回は希望小売価格二千円越えの贅沢価格。

それに加え、ピノ・グリも大外れがない安定品種なので、飲む前からそこそこ優秀なワインだとは想像できます。

まぁ、結論から言うと、大当たりワイン。

フルーティーで力強いアロマなのに、フローラル系のニュアンスも交錯。

ボディーもフルーティー系にしては濃密で、口の中で転がしても飴のように感じれる重さがあります。

ほんのり上品な甘味が特徴的で、少しピリッとする香辛料的な苦味がうまいぐらいに調和されており、バランスも申し分ないぐらい綺麗。

TKって名前が覚えやすいことも踏まえて、ラインナップコンプリートしたい高評価バリューブランドですね。

庶民のワインポイント 

(採点基準はここをクリック)

値段(小売):44点

生産地:3点

アロマ :6点

バランス :8点

余韻 :5点

複雑性:6点

買いやすさ:3点

主観:9点

総合得点;84点

庶民のマリアージュ

  • 寄せ鍋(ポン酢で)
  • フィッシュ&チップス
  • コーンパン
  • 炙り寿司
  • サラダチキン(レモン)

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。