オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

イタリア/南部

野菜生活の黄色になんか似てるかも

シチリア ムニール ヴァルディベッラ2018

Sicilia – Munir 2018

参考小売価格:2100円

産地:イタリア・シチリア州

品種: カタラット80%、カタラット エクストラ ルチド20%

購入元:鬼田酒店

インポーター:株式会社ラシーヌ

Sicilia – Munir

地元酒屋さんからのラシーヌの特価案内で購入したうちの1本。

ポッドキャスト8時間目でも少し振れておりますが、最近自然派と呼ばれているワインが好きになってきた傾向があるので、自然派ワインの輸入に定評のあるラシーヌさんの特売は見逃せません。

さて、シチリアの有名土着品種である「カタラット」ですが、消費ペースでは年間に2本飲むぐらいの少なさ。過去記事振り返ったり、味わいを思いだそうとしても無難なワインとしか思い出せず、新鮮な気持ちで挑みました。

香りの強さは2千円ワインとしては合格レベル。グラスを回さなくても、鼻を少し近づけるだけでキャッチできます。

温暖地域にありがちがパイナップルやパッションフルーツ的要素に加え、紅茶やミネラル感もあり複雑性は上々。端的に言うと、野菜生活の黄色からどろどろした感じを抜いた飲み物。

飲み始め9度の時は、味にふくらみを感じませんでしたが、12度ぐらいまで上がってくると本来のポテンシャルが発揮するタイプ。骨格が柔らかいながらも、主張はしっかりしていて、ワインだけで楽しんでも行けますよ(昼間なら)。

自然派ワイン特有のくせっ毛や「未知的要素」皆無なので、肩透かし感は否めませんが、飲みやすさと言った意味では幅広く受け入れられるタイプですね!

庶民のワインポイント 

(採点基準はここをクリック)

値段(小売):45点

生産地:2点

アロマ :6点

バランス :5点

余韻 :5点

複雑性:7点

買いやすさ:3点

主観:3点

総合得点:76点

庶民のマリアージュ

油揚げの素焼き、厚揚げ豆腐。

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート受験者向けサポートやウェブコミュニティを運営。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、2024年2月・ブログ2132記事、You Tube動画150本、Podcast205回、note177記事、電子書籍15冊、インスタ2千投稿超え。ネットでワインのことを語ってる発信者であり、一日中何飲むか何食べるかを考えているプロのワイン消費者です。お仕事のお依頼お待ちしております。