スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
アルゼンチン

実は経験値が上がるとブラインド当たらない説

アルトス・ラス・オルミガス・ティント 2017

Altos Las Hormigas Tinto 2017

参考小売価格:1600円

産地:アルゼンチン・メンドーサ

品種: ボナルダ 48%/マルベック 45%/セミヨン 7%

購入元:かめや

インポーター:モトックス

タイトルの「ティント」って響きが、なんとなくテンプラリーニョの別名と勘違いしながら飲んでいたのですが、データ引っ張ると実際はアルゼンチン品種のブレンドワイン。

飲みながら「あーこのテンプラリーニョ旨いわ。」

なんて謎の納得しながら飲んでいたので、つくづく自分のテイスティング能力の退化を実感しております。

ワインって飲めば飲むほど「先入観」や「経験値」が余計な情報となり、混迷してしまうんですよね(^_^;)

さて、このワインですが、以前同じ造り手のマルベックも飲んでおりますが、だいたい似たような印象。

香りも余韻も低いのですが、凝縮感の高い果実味と、万人受けするジュース的味わいの中に潜むタンニン。

口当たりに引っかかりがなく、スイスイ飲めちゃう反面、ボディがしっかりしているので飲み疲れするパワフルなワイン。

なんとなくですが、お手本のような1500円クラスのワインと言えば雰囲気伝わるかも。

庶民のワインポイント 

(採点基準はここをクリック)

値段(小売):49点

生産地:3点

アロマ :5点

バランス :5点

余韻 :4点

複雑性:4点

買いやすさ:3点

主観:5点

総合得点;78点

庶民のマリアージュ

  • かりんとう
  • ぶりの照焼
  • 焼豚
  • 粕汁

当研究所が最近購入したワインセット↓

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。