オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

・テイスティング日記

知る人ぞ知るワインみたいな日本酒?

亀泉 純米吟醸生原酒 CEL-24

参考小売価格:1800円ぐらい

産地:高知

品種: 純米、品種不明

製造元:亀泉酒造株式会社

地元の亀泉からフルーティーでワインのような味の純米酒。

酵母名のcel24が名前になっていて、非常に人気の高い商品。

絶対に外せないお正月のお節場面で飲んでみました。

本来ならワイングラスで飲むのが良いタイプなのですが、手持ちのグラスをワインに使用していたので、おちょこ使って飲むことに。

冷やし気味で飲むとアルコールを感じませんが、かと言ってお子様酒でもなく、誰しもが飲んで美味しいと感じる日本酒です。

ゆっくり飲んで飲み始め2時間でフィニッシュ。

ワインと合わせることが難しい、お酢で締めたコハダ、数の子、ウニあたりとの相性もよく、お刺し身なんか完璧に仕事してくれますね。

2千円以下で味わえる幸福感はワインより高いですが、飲み終わったあと無性に赤ワインが欲しくなるので、結局高くつくと。

本日の組み合わせ

お節と合わせる

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Bランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート受験者向けサポートやウェブコミュニティを運営。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、2024年2月・ブログ2132記事、You Tube動画150本、Podcast205回、note177記事、電子書籍15冊、インスタ2千投稿超え。ネットでワインのことを語ってる発信者であり、一日中何飲むか何食べるかを考えているプロのワイン消費者です。お仕事のお依頼お待ちしております。