オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

・テイスティング日記

枯渇が最高のスパイス。普通にSランク

ステレンボッシュヴィンヤーズ マウンテンヴュー ピノタージュ 2022

Stellenbosch Vinyrards Mountain View Pinotage 2022

参考小売価格:1100円

産地:南アフリカ

品種: ピノタージュ

購入元:アフリカー

インポーター:日本リカー株式会社

アフリカーさんで売られている一番安いピノタージュ。

自分で買っておいてなんですが、税抜き千円切ってるピノタージュは食指が動かず、1ヶ月間セラーの肥やしになっておりました。

しかし、この日は一週間ぶりの赤ワインです。

最近ダイエットを意識した晩酌メニューにしていたので、自然と白と泡ばかりになっていたんですよ。

白好き、泡好きといえど、ここまで赤ワインを飲む感覚が空いたのは6年ぶりぐらい。コロナになったときでも味覚のメンテナンスがてら飲んでましたからね。

ということで、赤ワインを欲する気持ちが高ぶったタイミングで飲んでみました。

香りは化粧っ気が無いので上品な印象。エッジに透過性があるものの、濃い色調はガツンとしたのを身構えます。

そっと口に運ぶとふわっと甘い果実が広がり、タンニンと酸味がぎゅっと引き締めてくれます。シラフの空腹1杯目に飲んだので食道が熱くなりましたが、味覚でアルコールは感じません。きれいに調和されています。

いやー、これ千円かー。グラス1杯飲み終える頃まで終始ニヤニヤしてしまいます。

もちろんカジュアルな味なので立体感が出てくるようなタイプではありませんが、「白より赤って安ワイン者なら大絶賛間違いなしです。最初Bランク付けてましたが、普通にSですねこれ。店主オススメセットの抱き合わせで必ず購入してもらいたい1本。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Sランク (24年3月より基準改定

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com