スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
フランス/ロワール地方

本当にウマいワインは既に売って無い説。

サン・ジョーズ 2018 ポー・ルージュ

SAN JOSE 2018 PEAUX ROUGES 

参考小売価格:3200円

産地:フランス・ロワール

品種: メルロ主体

購入元:三本酒店

インポーター:日仏商事株式会社

日仏商事さんの試飲会に参加していて、後日なにか買わないと悪いなって返報性の法則が発動し、ラインナップされていた中で下から安いやつ3本選んだうちの1本。

安いといっても、そこは手間暇かかってそうな自然派ワイン。定価3千円オーバーと完全に貴族価格。

試飲会では、ラインナップされていた中で高いやつ(5千円オーバー)を狙い撃ちして飲んでいたのでスルーしていましたが、家飲みでは3千円の値付けに納得できるクオリティー。

グラスに注いだ段階で品のいい香りが漂ってき、果実の要素よりは花や血液といった高ワイン特有の複雑なブーケを堪能する事ができます。

凝縮感も1000円ロゼとは比べ物にならないほど分厚く、適度な苦味とタンニンが、口の中に留まって余韻が長く続きます。

ミネラルを感じさせる硬度に、塩っ気を感じるしょっぱさも現れ、食事中のワインとして最適。

定価価格でも満足レベルなのですが、ネットで調べると売り切ればかりなので、「庶民のワイン」としては程遠い存在なのが悔やまれる所。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Bランク

このワインを最大限に楽しむシチュエーション。

  • ちょっと贅沢な夕食時に

このグラスを進める理由はポッドキャストで!

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。