オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

フランス/ロワール地方

本当にウマいワインは既に売って無い説。

サン・ジョーズ 2018 ポー・ルージュ

SAN JOSE 2018 PEAUX ROUGES 

参考小売価格:3200円

産地:フランス・ロワール

品種: メルロ主体

購入元:三本酒店

インポーター:日仏商事株式会社

日仏商事さんの試飲会に参加していて、後日なにか買わないと悪いなって返報性の法則が発動し、ラインナップされていた中で下から安いやつ3本選んだうちの1本。

安いといっても、そこは手間暇かかってそうな自然派ワイン。定価3千円オーバーと完全に貴族価格。

試飲会では、ラインナップされていた中で高いやつ(5千円オーバー)を狙い撃ちして飲んでいたのでスルーしていましたが、家飲みでは3千円の値付けに納得できるクオリティー。

グラスに注いだ段階で品のいい香りが漂ってき、果実の要素よりは花や血液といった高ワイン特有の複雑なブーケを堪能する事ができます。

凝縮感も1000円ロゼとは比べ物にならないほど分厚く、適度な苦味とタンニンが、口の中に留まって余韻が長く続きます。

ミネラルを感じさせる硬度に、塩っ気を感じるしょっぱさも現れ、食事中のワインとして最適。

定価価格でも満足レベルなのですが、ネットで調べると売り切ればかりなので、「庶民のワイン」としては程遠い存在なのが悔やまれる所。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Bランク

このワインを最大限に楽しむシチュエーション。

  • ちょっと贅沢な夕食時に

このグラスを進める理由はポッドキャストで!

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com