オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

・テイスティング日記

上級者用ワインとはなんなのか

フェアヴュー ゴーツ・ドゥ・ローム 2022

Fairview Goats do Roam White 2022

参考小売価格:2145円

産地:南アフリカ

品種: ルーサンヌ 39%、ヴィオニエ38%、グルナッシュ・ブラン13%、マルサンヌ10%

購入元:アフリカー

インポーター:モトックス

アフリカーさんで安いワインを物色していた中で一番高いワイン。

ローヌ地方のブレンド品種なのでオルタナティブなローヌワインを期待しますが、ローヌワインでも同じようなタイプは2千円出せば買えますからね。そういった意味で同じ価格帯のローヌワインよりは満足感の高いものを期待してしまいます。

色調は薄いですが、香りは蜂蜜と温暖系フルーツオールスター。2千円ワインとして合格点を与えれる上品さを感じるものの、飲み手のリテラシーが求められるワイン。

誰が飲んでも美味しいと感じさせないポイントは、口の中で転がして風味が広がるタイプだから。下品ですが口の中でクチュクチュして旨味が広がっていきます。

それをわからず冷やし気味でクイッと飲んでしまうと「なんだこりゃ苦、辛」となるはずです。

10度ぐらいの温度でグラス回しながらゆっくり飲むもよし、8度ぐらいの温度で野菜や魚料理と合わせてよしの上級者用ワインです。

食後のオススメ↓(詳細

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Dランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com