オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

・テイスティング日記

分かりにくさは時として。

ワイルドバーグ コウテリィ カベルネ・フラン マルベック

  Wildeberg Coterie Cabernet Franc Malbec

参考小売価格:2838円

産地:南アフリカ

品種: カベルネ・フラン・マルベック

購入元:アフリカー

インポーター:株式会社マスダ

アフリカーさんで購入した店主オススメセットから気になっていた異色のブレンドワイン。

動画でも言ってますが、カベルネ・フランとマルベックのミックスなんてそうそうおめにかかれませんからね。

超高い期待値を持って、神経を集中させて飲んでみました。

色調は非常に濃く、同時に開けていた温暖系濃厚ワインと比較してもその濃さは際立っています。

薬品っぽいワインと同時に飲み比べしていることもあってか、開栓後20分の状態でも香りは控えめに感じます。

飲んでみると、ふわっとした口当たりなのに、多彩なグラデーションが一気に爆発するので、アタマがついてきません。

「なっ、なんなんだこれは」

強いタンニンの暴れ馬。歯に悪そうなので普段やりませんか、その収斂性を楽しみたいがごとく、口の中でぐるぐる液体を転がしてしまいます。

未体験ゾーンすぎて思わず手が止まり、一日目はグラスいっぱいでストップ。

翌日、翌々日と3日に分けて飲みましたが、結論、香りは超高ワイン。

お世辞にも「美味しいー」ってタイプではありませんが、香りは上級ボルドー。

手首のスナップ効かせて、ゆっくりグラスを回しながら香りを楽しみつつ、少量口に含んでうっとりする。

複雑な味過ぎて、何者かわからない、わかりにくい味こそが私の求めてるタイプ。ただし、1本みんなで分け合う会で開けたて直後を1杯だけ飲むシチュエーションでは評価されにくいでしょう。

店主オススメセットなら3千円以下なので、これは高コスパと言いたい。普通に5千円以上のクオリティですよ。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Aランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com