オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

スペイン

初めて知った品種【ジャエン】

キンタ・ダス・マイアス マイアス ロゼ 2019

Quinta das Maias Maias Rose 2019

参考小売価格:1650円

産地:

品種: ジャエン50%、ティンタ・ロリス50%

購入元:かめや

インポーター:木下インターナショナル

地元酒屋さんでワインを買う時は、インポーター統一でまとめ買いするのですが、今回は木下インターナショナルに焦点をあてていたため、低価格のワインから順番に抑えていき、行き着いたのがこのロゼワイン。

購入価格1500円切りと、庶民のワインとして申し分ない価格帯なのですが、聞いたこと無い品種がブレンドされていたり、興味津々。

安ロゼは食事中に楽しむ飲み物って持論があるため、この日はサーモンのムニエルと合わせてみました。

結論から言うとマリアージュ成立。

というか、ロゼに有りがちな食べ物の味を邪魔しない、酸味主体のお茶的ポジション。

値段の割には凝縮度も高く、食後そのままワイン単体で1本通しで飲んでみましたが、オールマイティーに楽しめる万能タイプ。

骨格がしっかりしていて、硬度が高いので、映画見ながら等の「ながら飲み」でもその存在感を忘れること無く楽しめます。

程よい苦味に好き嫌いが分かれそうですが、甘ロゼが嫌いな人には気に入ってもらえる1本ですよ。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Bランク

このワインを最大限に楽しむシチュエーション。

  • 肉料理、魚料理、煮物、焼き物、揚げ物なんでもこいです。

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com