オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

ニュージーランド

SBにそのまま泡注入した感じ。

プライベートビン ライトスパークリング ソーヴィニヨン・ブラン

Private Bin Light Sparkling Sauvignon Blanc 2019

参考小売価格:2100円

産地:ニュージーランド

品種: ソーヴィニヨン・ブラン

購入元:かめや

インポーター:木下インターナショナル

当研究所が一押しするニュージーランドブランドのヴィラマリア。

その中でも購入時に存在感を放っていたのが今回のスパークリング。

ソーヴィニヨン・ブランのスパークリングは、一般的に馴染みが薄いですが、当研究所では大当たり率100%の優良物件だったりします。

2019年、庶民の十二使徒ワインに選んだ「シレーニ・セラー・セレクション・スパークリング・ソーヴィニヨン・ブラン

テイスティング日記掲載ソーヴィニヨン・ブランで最高評価の「ヴァンサン・リカール ムスー 2018

結論から言うと今回のソーヴィニヨン・ブランも大当たりではあるのですが、スパークリングなのにど直球なソーヴィニヨン・ブラン過ぎて笑えました。

端的に言えば、千円代後半ぐらいの平均的なNZソーヴィニヨン・ブランに炭酸ガス注入した飲み物。

泡好きの私からすると、通常のソーヴィニヨン・ブランより泡がある分楽しめるのですが、ある程度ワインに熟れている人なら安易に想像がつきやすい味わいでもあります。

価格バランスも完璧で、品種特性も理解できる素晴らしいワイン。

ジメジメした今の季節、CAVE de L NAOTAKAとセラー専科で単品最安値にて販売中なので試さない理由はないですよ。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Sランク

このワインを最大限に楽しむシチュエーション。

爽快感を感じたい時。

無性にソーヴィニヨン・ブランが飲みたい時。

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com