ルーマニア

好き嫌いが思いっきり分かれる癖の強いルーマニアワイン。

プレミアム・フェテアスカ・ネアグラ 2016

Premium Feteasca Neagcra 2016

参考小売価格:1750円

産地:ルーマニア・ムンテニア

品種: フェテアスカ・ネアグラ

購入元:かめや

インポーター:株式会社モトックス

プレミアム・フェテアスカ・ネアグラ

以前飲んだヴァイン・イン・フレイム のピノ・ノワールシャルドネで実力は当研究所お墨付きのルーマニアワイン「ヴィル・ブドゥレアスカ」シリーズ。その中でも今回のワインはワイン名にプレミアムが付いている土着品種「フェテアスカ・ネアグラ」の紹介です。

去年の初め頃に兄弟分の白ワイン「プレミアムタマイオアサロマネアスカも好印象だったので、飲むのを楽しみにしておりました。

外観や香りの第一印象はフランスローヌ地方のシラー的なニュアンスを感じましたが、口に含むと独特の世界観を持った味わいに一瞬で毒されます。

思わずえずく、強烈な個性は、なんとなく頭でイメージしているルーマニアという国を味覚で感じることができます。

スパイシーで、香辛料のような辛味と強めの酸味が、近寄りがたい味わいです。私が若かりし頃に初めてアブサン(強烈なリキュール酒)を飲んだ時を思い出させてくれました。

ただ、癖の強さは万人受けしない一方で、熱狂的なファンにはたまらない味わいである事は否定しようがなく、実は私も好きだったりします。

料理との組み合わせ次第では大化けする可能性も秘めており、値段以上の満足感は必ず得られますよ。

ウイスキーで言うところの「アイラ派」やビールでいうところの「インドの青鬼」系が好きな人にはこのワインの魅力がわかるかも。

庶民のワインポイント 

(採点基準はここをクリック)

値段(小売):48点

生産地:2点

アロマ :3点

バランス :2点

余韻 :3点

複雑性:6点

買いやすさ:4点

主観:6点

総合得点:72点

抜栓直後の走り書き的感想ですが、時間おいたら飲みやすくなりそうな雰囲気はありました。

ABOUT ME
たいがくん
たいがくん
所長:井原大賀(36)/年間ワイン消費50万ml以上の狂信者/ブラインドテイスティング日本一を目指しています。/ソムリエ協会認定講師/ポッドキャスター/毎日更新のテイスティング日記/毎週配信のネットラジオ/コラボやお仕事のオファー受付中 /Appleフリーク/FP/経営コンサルタント