オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

イタリア/中部

千円で楽しむ銘醸地トスカーナのワイン。

アジィエンダ アグリコーラ サン ルチアーノ/トスカーナ・ロッソ 2018

Toscana Rosso 2018

参考小売価格:1100円

産地:イタリア/トスカーナ州

品種: サンジョヴェーゼ 60%/モンテプルチアーノ 20%/チリエジョーロ 20%

購入元:かめや

インポーター:モトックス

Toscana Rosso 2018

庶民の味方イタリアワインと言えど、安ウマ比率の高さで言えば南イタリアや北のヴェネト州だったりします。今回は高級ワインの銘醸地として知られるトスカーナ州から千円ワインの紹介です。

主要品種であるサンジョベーゼは個人的に好きな品種なのですが、当研究所で登場回数が少ないのは、「当たり外れの振り幅が大きい」ことにあります。3千円以上出しておけば安泰なのは重々承知なのですが、たまにチャレンジしたくなるんですよね。

それ故に、当研究所でも何度か低価格帯のトスカーナ州ワインを試しては玉砕されてきましたが、今回は安くても安心のモトックス 輸入だったために少し期待してテイスティング。

結論から言うと今回も玉砕。

一応価格なりの楽しみ方はできたものの、美味しいトスカーナ州のワインかと問われれば語尾を濁したくなります。

濃縮度は高いですが、突起した酸味と渋味要素で荒々しいバランス。

一通りの若いトスカーナワインのテンプレ的要素などはありつつも、複雑とは言えないニュアンス。

濃い味の洋食と合わせて飲めば、食中ワインとしてそれなりに活躍は期待できますが、ワイン単体として味わうには、グラデーションを感じない典型的安トスカーナ。

価格なりの味わいと言った意味では全然許容できる実力ですが、いつも驚きをもたらせてくれたモトックス輸入ワインだけに、あえて厳し目の評価です。

庶民のワインポイント 

(採点基準はここをクリック)

値段(小売):50点

生産地:2点

アロマ :3点

バランス :2点

余韻 :3点

複雑性:3点

買いやすさ:3点

主観:5点

サンジョベーゼがどんな味だったかを千円で確認できたと思えば嬉しい買い物。

総合得点:71点

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート受験者向けサポートやウェブコミュニティを運営。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、2024年2月・ブログ2132記事、You Tube動画150本、Podcast205回、note177記事、電子書籍15冊、インスタ2千投稿超え。ネットでワインのことを語ってる発信者であり、一日中何飲むか何食べるかを考えているプロのワイン消費者です。お仕事のお依頼お待ちしております。