オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

・テイスティング日記

見えてる地雷ワインに挑む。

アルプス 無添加信州ナイアガラ

参考小売価格:500円ぐらい(300ミリリットル0

産地:日本・信州

品種: ナイヤガラ

購入元:アマゾン

製造:アルプス

アマゾンパントリーで数合わせ的に購入したものの、地雷臭プンプンだったので冷蔵庫で3ヶ月ほど眠っておりました。

そんな折、刺し身と煮物を食卓に並べた時に、「日本ワインなら大丈夫でしょ」的な根拠なき発想のもと、飲んでみました。

結論から言うと、ラベルが主張する雰囲気そのままの味(お察し)でしたし、アマゾンのレビューでも酷評されておりました。

ただ、食事と合わせた時には違和感なく飲めますし、むしろカジュアルに、無難に飲めることはアドバンテージ。実際タイの刺し身とコテコテボルドーなんて絶対にミスマッチですし、そういった意味で、このワインでしか活躍できない特別な場面はあります。

煮物や、揚げ物との相性もよく、ワインとして飲まなければ全く違和感なし。

むしろライバルは「ワンカップ清酒」や「パックの日本酒」になるので、そんなジャンルと思えばむしろ秀逸。

ワインとして考えなければね。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Bランク

このワインを最大限に楽しむシチュエーション。

  • 新幹線で駅弁と
  • 鈍行列車で駅弁と
  • 球場で弁当と

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com