スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
フランスその他

デミグラハンバーグが食べたくなるワイン

シャトー・ド・シフル テロワール ダルティチュード フォジェール 2016

CH.CIFFRE TERROIRS D’ALTITUDE FAUGERS

参考小売価格:2260円

産地:南フランス・フォジェール

品種: シラー55%、グルナッシュ古木35% ムールヴェドル10%

購入元:三本酒店

インポーター:野村ユニソン

CH.CIFFRE TERROIRS D’ALTITUDE FAUGERS

自然派ワインは翌日、翌々日で全くの別物ワインになると、ポッドキャストの「自然派ワイン入門」で織り込み済み。

それ故に初日はジャブ程度のつもりで飲み始めたのですが、初っ端から旨い。甘濃系なのですが、タンニンと酸味がしっかり支えているので「俗にいわれているケチャップバーガーのような工業ワイン」とは一線を画する味わい。

普段は純粋にテイスティングしたいので、食事とワインを一緒に楽しむことはないのですが、このワイン飲んだあとは、やたらとデミグラハンバーグが食べたくなってきました(;´∀`)

そして二日目。甘さが落ち着き、酸味が尖った印象。シラー感が強くなり、スパイスの効いた辛味が特徴的なので、料理との組み合わせ前提で飲んだほうが良いタイプに変化。そしてこの日は、セブンで金のハンバーグでも買うつもりでしたが、スーパーで白身魚のフライ弁当が3割引だったので、マリアージュを試すことができず、3日めを迎えること無く完飲。

ショップやインポーターコメントを確認するためググりましたが、ネット上ではソールドアウト。知る人ぞ知る人気ワインっぽいですね。

庶民のワインランク(詳細

S 納得できなかったら返金しても良いぐらいオススメ

A 好みの問題はあるけど、イチオシ。

B 定価以上の満足度

C 購入価格的には満足

D 定価がもう少し安ければ納得

E 購入価格がもっと安ければ納得

F もはや値段の問題ではない

今回のワインは:Cランク

このワインを最大限に楽しむシチュエーション。

  • ミートスパやデミグラハンバーグ系の洋食濃い系料理と抜群の相性。

このグラスを進める理由はポッドキャストで!

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。