フランス/ボルドー地方

評論家高評価の「白のモンペラ」が投げ売りされてたけど人気ないのかな?

シャトーモンペラブラン/CH.MONT PERAT BLANC

参考価格:2500円

購入価格:1520円

産地:フランス/プルミエール・コート・ド・ボルドー

品種:ソーヴィニヨン・ブラン/セミヨン/ミュスカデ

購入元:リカオー(地元の量販店)

インポーター:株式会社ダイセイワールド

赤のモンペラは「クイーンワイン’(神の雫ワイン)」で人気、実力ともに申し分ないようですが、白が安売りコーナーにあったので、これ見逃しに買ってきました。

空腹で風呂上がりの一杯目に飲んだせいか、食道に突き刺さるアルコール強さに、14度予想でしたが、正解は13.5度。

だからなんやねん。

と突っ込まれそうですが、

前知識で分かっている以外の要素を、予測し当てようとするの、ワイン愛飲家あるあるですよ。

で、ニヤピンだったら「ニヤリ」としてしまうの。

絶対「アルアル」のはず(私だけではないと思いたい)。

で、問題のお味の方は、、、、、

普通です。笑

よくある、2千円台ボルドーの白ワイン。

温度を10度ぐらいで飲むと「コクと甘み」を楽しめて、7度ぐらいで味わうと、「心地よい酸味」で切れ味が鋭い爽やかなタイプに変化する器用なタイプ。

重厚感も兼ね備えているので、新世界の「低価格ワイン」とは差別化ができており、評論家が絶賛する理由もわからんでもないです。

でもね、、、普通なの。。。。

「私、モンペラの白ワインです。」って主張がない。

2本目ブラインドで飲んでも「モンペラ!」って答えれるだけの特徴はつかめませんでした。

それは私が未熟だからというのは、置いておいて、購入価格と味わいを総合的に評価すると買ってよかったと思えるワインです。

飲み終わった後の満足感から導き出した、投げ売りの理由は、人気があるからこその、大量仕入れによる売れ残りのようです。

ABOUT ME
たいがくん
たいがくん
所長:井原大賀(36)/年間ワイン消費50万ml以上の狂信者/ブラインドテイスティング日本一を目指しています。/ソムリエ協会認定講師/ポッドキャスター/毎日更新のテイスティング日記/毎週配信のネットラジオ/コラボやお仕事のオファー受付中 /Appleフリーク/FP/経営コンサルタント