オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

フランス/ブルゴーニュ地方

シャルドネよりアリゴテ派です。

マルク コラン エ セ フィスブルゴーニュ アリゴテ 2016

Marc COLIN et Ses Fils BOURGOGNE ALIGOTE 2016

参考小売価格:税込み3300円

産地:フランス・ブルゴーニュ

品種: アリゴテ

購入元:かめや

インポーター:ラックコーポレーション

ラックコーポレーションさんの特売案内を頂いて、一番安かったアリゴテを購入。

ブルゴーニュ・シャルドネだと、同じ金額で〇〇より旨いとか、〇〇より不味いみたいな比較をしがちですが、アリゴテは飲み慣れていない分、フラットに楽しめます。

ペース的にも半年に1本程度なので、メンテナンスって意味合いも含め集中して味わってみました。

キレイな淡黄色で、古風で謎めいた香りから、飲んでみるとレモン果汁爆発の酸味ワイン。アタックからアフターまでオールオブレモンで、とても葡萄から作られたとは思えないですが、アリゴテ種の特徴と捉えることで脳内処理。

温度が上がってくると種子っぽい苦味も現れ、複雑な要素も値段なりに楽しめます。

極辛口の酸味タイプながら凝縮感もあり、意外と1本通しでも満足できる飲みごたえも感じます。

同じ価格帯のブルゴーニュなら、シャルドネよりアリゴテの方を選びたいと思わせてくれるワインでしたよ。

本日の組み合わせ

イカの酢味噌和え、大豆の煮物、炙り鯖寿司、タコの唐揚げ。シーフード特有の生臭さは多少現れるものの、その許容範囲。食事中に1本飲み切るレベルで美味しくいただけましたよ。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Aランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com