直販で買うと楽天より安い!
ポルトガル

サクラアワードワイン、飲みやすい説

ヴィーニョ ヴェルデ ロウレイ ロキンタデアマレス 2020

Quinta d’Amares Loureiro 2020

参考小売価格:1980円

産地:スペイン・ヴィーニョ・ヴェルデ

品種: ロウレイロ)

購入元:CAVE de L NAOTAKA(楽天)

インポーター:株式会社都光

滋賀県キャンペーンの鬼コスパセット最後の1本。

緑のワインと呼ばれているヴィーニョ・ヴェルデですが、微発泡な印象があったため脂っこい料理を食べるタイミングで開けてみました。

第一印象は今まで飲んできたヴィーニョ・ヴェルデと似たような感じでしたが、品種はアルバリーニョと思い込んでただけに、ロウレイロ主体は驚き。どっちがどんな味がするか明確に答えられないんですけどね。

さて、このワイン、ボトルの舌にデカデカとサクラアワードのステッカーが張っておりました。

〇〇賞とかシールペタペタ貼っているワインに良い思い出はないのですが、とある業界関係者の話ではサクラアワードは忖度なしのガチ審査と伺いました。

事実今まで飲んできたサクラアワードワインは、誰が飲んでもジュース的な美味しさを持っていて悪い印象はありません。

ワイン慣れしてない人には人には、ワイン選びの目安になりますね。

本日の組み合わせ

餃子、枝豆春巻き、スモークサーモンのサラダ。スパークリングに逃げたい組み合わせでしたが、見事マリアージュ成立。餃子とフルーティー系白ワインは鉄板です。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Bランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。