オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

イタリア/中部

【鬼コスパ】キャンティいつも入ってる説【セット】

キャンティ ファットリア ディ スカンナーノ 2018 

Fattoria de Scannano Chianti DOCG 2018

参考小売価格:1980円(税込み)

産地:イタリア・トスカーナ州

品種: サンジョヴェーゼ90%、チリエジョーロ10%

購入元:CAVE de L NAOTAKA(楽天)

インポーター:株式会社都光

もはや説明不要の大人気「鬼コスパセット」ですが、キャンティ地方のワインは高確率でラインナップされています。しかし、キャンティって定期的に味の確認をしておきたい地方ですし、セット内の生産者も頻繁に変わるので、購入する側としてはとても嬉しいです。

今回も初めて飲む生産者。キャンティにしては少し高価な定価ですが、ボトルの雰囲気から高そうなオーラがでているので、妙な期待を持って飲んでみました。

一口目はカビ臭がしたのでブショネかもしれないと勘ぐりましたが、コルクの状態は正常だったので、ブショネではなさそうでした

飲めないレベルではなかったので、脳内でカビ臭を消して飲むと、本来のポテンシャルは高そうだと感じました。おそらく何らかの理由で傷んでたんだと思います。

しかし、ちょうど濃い肉料理を食べるタイミングで飲んだので、後半からはネガティブ要素一切感じず、むしろ美味しく頂けます。

サンジョヴェーゼって実は肉料理と一番合う品種だったりして。。

本日の組み合わせ

ハンバーグデミグラソース。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Cランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com