スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
・テイスティング日記

想像通りのMBAに思わずニヤける。

マスカット ベーリーA 大和葡萄酒 ハギーワイン 

Muscat Bailey A Huggy Wine

参考小売価格:1804円税込み

産地:日本・長野

品種: マスカット・ベーリーA

購入元:CAVE de L NAOTAKA(楽天)

製造元:大和葡萄酒

超お買得ゲットした日本ワインセットから唯一懸念材料だったワインが今回のマスカット・ベーリーA。

値段で良し悪しするのもナンセンスですが、今まで何本か飲んできた低価格のマスカット・ベーリーAは概ねキャンディーの要素を甘く感じるジュース系飲料。良くも悪くもブラインドで飲んで絶対に外さない特徴的な品種ですからね。ハッキリ言ってしまえば好きじゃないタイプ。

ピーマン嫌いな人がどんなに美味しいと評判のピーマン食べても「受け入れ体制がそもそも整ってないと美味しく感じるわけないんですよね。」

単品購入だとわざわざ嫌いなワインを買うこと無いので、いい意味で味わいの確認といいますか、マスカット・ベーリーAのメンテナンスといいますか、食わず嫌い克服といいますか、色んな意味でボルテージ上がり気味で飲んでみました。

まず香りから「マスカット・ベーリーA」。飲んでみても完全に「マスカット・ベーリーA」。

特徴的なキャンディー要素と、もさっとした果実味が妙に面白く感じ、苦手に感じてた味わいも一つの個性として楽しめちゃいました。なんか飲み手として許容範囲内が広がってしまったんですよね。

一杯だけ食事と合わせた後、保険かけてオンライン飲み会用で飲み始めましたが、2時間で違和感なく完飲。

輸入ワインでは味わうことのできないマスカット・ベーリーAクオリティ。飲んだことない人にぜひとも味わってもらいたい1本です。

本日の組み合わせ

大根とこんにゃくの煮込み。可もなく不可もなしの無難な組み合わせ。お互い邪魔しない程度に調和

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Cランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。