オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

フランス/ボルドー地方

半年前に購入したワイン振り返って気づいたこと。

シャトー マルジョスルージュ 2016

CH MARJOSSE ROUGE 2016

参考小売価格:2750円

産地:ボルドー

品種: メルロー カベルネ・ソーヴィニヨン カベルネ・フラン マルベック

購入元:CAVE de L NAOTAKA(楽天)

インポーター:株式会社都光

今年の1月に購入していたちょい熟ボルドーセット最後の1本。

あらためて購入したときの動画見直すと髪型がキモすぎてドン引きです。

このツイートきっかけに気にするようになったのですが、外見っておろそかにしてはいけないですね。

https://twitter.com/S3MinatoTokyo/status/1784742775034130747

実際に庶民のワイン研究所の視聴者層は9割が男性で、女性視聴者が異常なほど少ないのです。

仮に、外見が田邉ソムリエぐらいかっこよかったらと考えると、チャンネル登録数は今の10倍以上だったとしてもおかしくないでしょう。

そういった意味で情報というのは「何を言うか」ではなく「誰が言ってるのか」という側面が大きく、ヴィジュアル媒体で勝負しなくてはいけないYouTubeにおいて不利な戦いを強いられているのであります。

とはいえ、外観がよく、人生において有利な生き方をしていれば、今のような発想をもって発信はしてなかったでしょう。

そもそも、外観は「気を使っているかどうか」でカバーできる部分もあり、髪の毛ボサボサで田邉ソムリエが自撮りしないことを考えると、「女性視聴者がぁ〜」というのは聞き苦しい言い訳になってしまっています。

さて、ワインの話に戻します。。

注いですぐ飲むと悪い印象を持ってしまいそうなタイプのため、グラスに注いで約30分放置し、ゆっくり香りからチェックしてみます。

シルキーな優しい黒果実系ボルドー。香りの強さは鼻をグラスに入れて感じ取れるぐらいなので期待値よりは控えめ。ただ、その分繊細さを感じますし、濃い味でごまかしてそうなワインとは一線を画す雰囲気が出ています。

香りをじっくり楽しんだ5分後、そっと口をつけます。

口当たり優しいですが、酸っぱくて、辛くて、渋く、アルコールを強く感じます。

舌で転がすとボルドーにありがちなインクっぽさと、スパイスの辛味がグラデーションとなって、「これは食事と合わせるワインですよ」という声が聞こえてきます。

味見を3口程度にとどめ、いざ食事の場面で飲み直してみます。

合わせる料理はチキンステーキデミグラスソース。

ソースの甘味をワインが引き締めてくれ、お肉の油分を洗い流してくれます。

ワインのとっつきにくさは完全に消え、まろやかな印象に変化。

3千円ボルドーだからといって、慢心すると勿体ない飲み方になるので、高いワインこそ、飲む場面には細心の注意を払いたいですね。

本日の組み合わせ

https://twitter.com/shomin_wine/status/1792481667313218023

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Cランク (24年3月より基準改定

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com