オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

・テイスティング日記

ライトボディのカベソーいけます。

神戸ワイン カベルネ・ソーヴィニヨン

KOBE WINE Cabernet Sauvignon BOX WINE BIB

参考小売価格:3850円(3リットル)

産地:神戸

品種: カベルネ・ソーヴィニヨン

購入元:神戸ワイン

製造元:神戸農政公社

当研究所は世界初の箱ワイン伝道師を自称しているので、「箱ワイン」のツイート検索を頻繁に行っています。

そんな折、このようなツイートを見かけました。

神戸ワインさんは、以前ブショネだったのを誠実に対応してくれた実績があるので、好印象。そんな生産者さんが箱ワインをリリースしていただけで嬉しいのに、特別限定割引で送料無料とか買わない理由はなかったです。

メルロとカベルネ・ソーヴィニヨンの飲み比べとしても楽しめますし、日本ワインが750ミリリットル換算で千円を下回っているので、日本最安値級ではないでしょうか。

期待感高めの気持ちを抑えつつ、なるべく味にフォーカスして飲んでみました。

色調はメルロと比べると濃いですが、ラベルにはライトボディーと表記されているので不思議な感じがします。グラスを回すとサラッとしていているので、アルコールの軽さからライトボディーと表記しているかもしれません。

香りは果実の要素先行型。飲んでみると良い意味で「渋いっ」って言葉がでるので単調なワインと感じることはないです。

確かにボディーは軽いですが、酸味とタンニン主体なので、ヌーボー系のジュースっぽさはなく、アルパカ系の高コスパ安ワインと比べても頭半分ぐらいは抜けています。

後味で果実の甘味がジワジワでてくるので、食前にワインだけ飲んでも違和感なく楽しめます。

年取ってくると安重赤ワインがしんどくなってくるので、個人的にはちょどいい塩梅のカベルネ・ソーヴィニヨン。繊細な日本食でも、色が濃い系のメニューなら無難に合わせることができますよ。日常消費用として完璧ですわ。

注意:当研究所では、高級ワイングラスを利用し、適性温度でテイスティングしております。冷蔵庫温度や常温のワインをマシンメイドグラスで味わった場合とは感じ方がかわりますので、その辺り差し引いてご閲覧ください。

本日の組み合わせ

鰹のタタキと合わせましたが、意外といけます。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Bランク、箱基準でもBランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com