家飲みワインの強い味方
令和は業務用ワインをオンラインで
ドイツ

グラウブルグンダー ! 戦車みたいな名前ですね

シュロス プロシュヴィッツ グラウブルグンダー トロッケン マイセン 2018

Meissen Grauburgunder Trocken VDP.ORTSWEIN

参考小売価格:5500円税込み

産地:ドイツ・ザクセン

品種: グラウブルグンダー ( ピノ グリ)

購入元:CAVE de L NAOTAKA(楽天)

インポーター:株式会社都光

毎月1日に楽天で開催される食フェスクーポンで購入したカスタム3本セットの目玉商品。定価5500円なので半額以下で購入できたのであります。

無性にリースリングが飲みたくなったタイミングで、イエローテイルと飲み比べるために開けてみました。

温度は9度スタート。香りは控えめでリースリングにしてはおかしいな、、、、なんて飲んでみると驚愕。全然リースリングじゃありません。苦味主体、複雑過ぎて繊細すぎる上級者ワインと困惑してましたがラベルみて情けなくなりました。

はい、購入時点で勘違いしてたんですね。如何にワイン名とか品種を確認せず「定価からいかに安くなってるか」しか確認してないってことです。

リースリングって思いながら飲むとただの違和感しか感じなかったワインが、いざピノ・グリと知って飲み直すと味が全く変わるんですね。

リースリングだと「これじゃないやん!」て違和感が美味しさよりも「違い」にフォーカスされ冷静に飲めてませんでしたが、ピノ・グリって知ると「理解しょうと努力」しながら楽めます。

この現象を他の人にも味わってもらいたいが故に、普段ワインを煽るように飲まれている方に小瓶に詰めてプレゼントしてみました。果たして、どのような感想になるのか、、、、。

注意:当研究所では、高級ワイングラスを利用し、適性温度でテイスティングしております。冷蔵庫温度や常温のワインをマシンメイドグラスで味わった場合とは感じ方がかわりますので、その辺り差し引いてご閲覧ください。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Aランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。
秋冬にぴったりのカジュアルワインセット

令和は業務用ワインをオンラインで仕入れる時代