フランス/ロワール地方

メロン味のするブルゴーニュ!

ドメーヌ・ダヴィッド ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ レ・バルボワール

Domaine David Muscadet Sevre et Maine Sur Lie Les Barboires

参考価格:1998円

購入価格:1572円

産地:フランス/ロワール/ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ

品種:ミュスカデ

購入元:クラブワイン30(フィラディス)

インポーター:株式会社フィラディス

庶民のワインポイント:74.5点

ミュスカデの別名は、「ムロン・ド・ブルゴーニュ」。

ムロンはフランス語で「メロン」の意味なのですが、今まで当研究所で紹介してきたシャトー・ラ・マロニエールアルベール・パックロードメーヌ・ド・ラ・バジレル には、そんなニュアンスを微塵たりとも感じませんでした。

しかし、今回のワインはまさに「メロン」。

単純にメロンなんて言っちゃうと甘ったるいイメージを持たれかねませんが、しっかりとミネラルと酸味も含まれているので、バランスが非常によろしいです。

スッキリとした料理と合わせるタイプなので、がぶ飲みしてしまいそうになりますが、「適度に上品さ」も兼ね備えているので、丁寧に味わいながら飲んでいけますよ。

庶民のワインポイント

価格:84点

生産地:72点

ロワール地方の村名アペラシオン

買いやすさ:85点

6本で送料込み

売り文句:83点

動画のコメントも確認しました。さすがプロの表現は素晴らしい。

でも、「刺身に合う」は魚の種類によってミスマッチ。

アロマ:61点

弱めなので、グラスに鼻を近づけてわかるんレベル。

複雑性:62点

メロン、レモン、グレープフルーツ、貝殻。

標準的なミュスカデといったところ。

余韻:35点

スッキリタイプなので、目をつぶりたい項目。

たいがくんP:82点

今までのミュスカデとはふた回りぐらいランクが上です。

加算点前の平均:70.5点

メディア:0点

生産者:1点

ドメーヌの専用ページ発見

SNS:3点

ABOUT ME
たいがくん
たいがくん
所長:井原大賀(36)/年間ワイン消費50万ml以上の狂信者/ブラインドテイスティング日本一を目指しています。/ソムリエ協会認定講師/ポッドキャスター/毎日更新のテイスティング日記/毎週配信のネットラジオ/コラボやお仕事のオファー受付中 /Appleフリーク/FP/経営コンサルタント