オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

オーストラリア

アイリッシュ樽で熟成されたプレミアムワイン

ジェイコブス・クリーク ダブル・バレル カベルネ・ソーヴィニヨン 2020

JACOBS CREEK DOUBLE BARREL CABERNET SAUVIGNON

参考小売価格:2000円ぐらい

産地:オーストラリア

品種: カベルネ・ソーヴィニヨン

購入元:アマゾン

インポーター:ペルノ・リカール・ジャパン株式会社

最近のデイリーワインは、タカムラワインハウスさんで購入した1本660円ワインが中心なので、買値が1500円ワインを手に取るときは手汗が出るぐらい緊張します。

本来なら並々ならぬ決意と覚悟を持って飲むのですが、この日は食後に甘くて濃いワインを欲したタイミングで我慢できず開栓。スクリューキャップもそういったタイミングではありがたいですね。コルクなら開けるのに「よっこらしょ」って気持ちになるのですが、スクリューなら1秒もかかりません。酔ってるときに飲むワインとしてピッタリなのです。

以前同じシリーズのシャルドネを飲んだときは、フラグシップの割に微妙だなと感じておりましたが、カベルネ・ソーヴィニヨンは定価2千円なりの美味しさを味わえました。

ポイントは期待通りの濃さと甘さ。

チョコとかバニラとか、樽熟成されたワインの特徴的なニュアンスが誰でもわかるレベルで味わうことができ、飲む前に欲していた味をストライク返球で答えてくれます。

このシリーズは「ウイスキー愛飲家にもお試しいただきたい、革新的なプレミアムワイン」という触れ込みで、カベルネ・ソーヴィニヨンに関してはアイリッシュウイスキー樽を使用しているとのこと。

確かにそう言われると「甘い」要素がアイリッシュを感じさせるかも知れません。

購入リンク アマゾン 楽天

本日の組み合わせ

食後の追い込みワイン

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Cランク (24年3月より基準改定

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com