オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

スペイン

今年ナンバーワン来ましたよ。

イキガイ 2021ガッジーナ デ ピエル 

Ikigall 2021

参考小売価格:1980円

産地:スペイン

品種: チャレロ85%、マルヴァジア・デ・シッジェス10%、マスカット・オブ・アレキサンドリア5%

購入元:CAVE de L NAOTAKA(楽天)

インポーター:株式会社都光

ミシュラン3星の元オーナーシェフが手掛ける面白そうなワインセット。

ジャケ買い要素が高く、セット内のセンターポジションに位置するこのワインはその中でも美しいエチケットで飲む前から楽しませてもらっています。

何より名前ですよね。

イキガイ 

日本語の「生きがい」から由来されているとのことなので、和食を食べるタイミングで開けてみました。

合わせる料理は筑前煮。

本来は甲州や日本酒のほうがコスパ良く晩酌できそうなのですが、買いに行くのが面倒だったので、在庫している中で唯一合わせれそうかなという妥協した面もあります。

しかし、いざ飲んでみると身震いしました。

蜂蜜?

いや、はちみつレモン?

ジュースのはちみつレモンを100倍美味しくしたような味わい。

濃厚濃密なのにアルコールを感じず、複雑すぎてジュースっぽさもない。私が求めている「ワインとしての味わい」の理想形かもしれません。

カバの補助品種であるチャレッロが主体なのですが、雰囲気的には濃厚系リースリングや上質なシュナン・ブランの互換性を感じます。

そして、お値段ですよね。

飲んでいる時は4千円ぐらいかなと予想して納得できていたわけなんですけど、いざ調べてみると定価で2千円切っているではないですか。

これは文句なしの殿堂入りワイン。

晩酌にワインを飲まれている方、ナチュール系が好きな方には裏切らないワインですよ。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Sランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート受験者向けサポートやウェブコミュニティを運営。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、2024年2月・ブログ2132記事、You Tube動画150本、Podcast205回、note177記事、電子書籍15冊、インスタ2千投稿超え。ネットでワインのことを語ってる発信者であり、一日中何飲むか何食べるかを考えているプロのワイン消費者です。お仕事のお依頼お待ちしております。