スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
イタリア/北部

月イチで飲む「プロセッコ」の安定度

ヴァルドッビアーデネ・プロセッコ・スペリオーレ ブリュット

Valdobbiadene Prosecco Superiore – Brut

参考小売価格:2100円

産地:イタリア・ヴェネト州・プロセッコ

品種: グレーラ

購入元:鬼田酒店

インポーター:株式会社ラシーヌ

Valdobbiadene Prosecco Superiore

2月に引き続き、地元の酒屋さんでラシーヌ(輸入元)フェアーやってたのでまとめ買い。

割引後の価格がすべて2千円以下だったので、銘柄や内容を確認せずすべて購入しましたが、泡物が入っているとテンションが上ります。

プロセッコは当研究所でも比較的消費量の高いイタリアの原産地呼称ワイン。最低でも月に1銘柄は購入しており、概ね千円前後で安定した満足度を得られております。

今回の定価は2千円オーバーなので、普段より倍の満足感を得たいところですが、過度な期待の反動でがっかりしてしまう事もしばしば。千円台で買えてる事実を受け止め、寛大な気持ちで飲んでみました。

ガス圧はプロセッコ(シャルマ方式)にしては高め。数値的には3気圧程度はアリそうです。香りは低く、飲んだ感じも薄味ですが、程よい苦味と泡の爽快感が強いので、超辛口といった意味では優秀なタイプ。

余韻で感じるリンゴ風味が、ただの炭酸水に成り下がりそうなのをシャットアウト。そして、温度が上がってくると、本来のポテンシャルが開花。

スパークリングワインは保管場所問題もあり、冷蔵庫保存→そのまま飲むってパターンになりがちですが、冷え過ぎも注意が必要ですね。

白ワインとしてかなり優秀だわこれ。

庶民のワインランク(詳細

S 納得できなかったら返金しても良いぐらいオススメ

A 好みの問題はあるけど、イチオシ。

B 定価以上の満足度

C 購入価格的には満足

D 定価がもう少し安ければ納得

E 購入価格がもっと安ければ納得

F もはや値段の問題ではない

今回のワインは:Cランク

このワインを最大限に楽しむシチュエーション。

  • 風呂上がり、喉越しで一気飲み。
  • 午前中に背徳感を感じながら。
  • 漫画読みながらポテトチップ。

当研究所がテイスティングに使用している、神グラス↓旨さ爆上がりです。

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。