オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

ニュージーランド

ニュージーワインの安定感は鉄板。

ボートシェッド・ベイ マールボロ ソーヴィニヨン・ブラン 2019

Boatshed Bay Marlborough Sauvignon Blanc

参考小売価格:1500円

産地:ニュージーランド・マールボロ

品種: ソーヴィニヨン・ブラン

購入元:かめや

インポーター:モトックス

ソーヴィニヨン・ブランの銘醸地といえばニュージーランドですが、庶民価格だと、何を飲んでも似たりよったりに感じて、面白みに欠ける側面があります。

しかし、純粋に「安くて美味しい」を求めるとなると、その「似たりよったり」ってところは、安定感というアドバンテージに変化します。

今回は、同種類のピノ・グリを買うついでに、「ボートシェッド・ベイ」をコンプリートしたくなったので購入しました。

定価1500円と、実勢価格で考えれば千円ちょっとの安ワイン。他品種や違う国のワインだとチャレンジの部類に入る価格帯ですが、ニュージーランドのソーヴィニヨン・ブランってなると、まぁハズすことはないでしょう。

まず、注いだときから香りがキャッチでき、典型的なソーヴィニヨン・ブラン香で思わずにやけます。

アロマは強いですが、色味と粘性がとても薄く、軽快な印象を持ちましたが、口に含むと香りの印象がダイレクトに伝わる味わい。

青りんごや青草、パッションフルーツなど、教科書に載ってるセオリーのど真ん中を貫く味わいは、「やっぱり何を飲んでも似たりよったりに感じて、面白みに欠ける」って結論に至ってしまいます。

ともあれ、ニュージーランドのソーヴィニヨン・ブランがどんな味なのか、未だ明確な基準を持ってない人には分かりやすいといった意味で激推です!

ラベルのデザインも印象に残りやすく、ボートシェッド・ベイって名前もなんかかっこいいですからね!

庶民のワインポイント 

(採点基準はここをクリック)

値段(小売):50点

生産地:3点

アロマ :8点

バランス :7点

余韻 :6点

複雑性:4点

買いやすさ:3点

主観:5点

総合得点:86点

庶民のマリアージュ

脂っこい中華料理、フレンチドレッシング系で食べる野菜サラダ

当研究所が一押しするニュージーランドワインセットはこれ↓

超有名銘柄故に、入門としてピッタリ!!庶民の十二使徒ワインも入ってるよ!

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com