オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

フランスその他

南仏なのにまるでボジョレー・ヌーボー

ジョルジュ・デュブッフ ラキュヴェ 2021

Georges Duboeuf La Cuvee

参考小売価格:1870円

産地:フランス・南西地方

品種: ガメイ

購入元:CAVE de L NAOTAKA(楽天)

インポーター:サントリー株式会社

ガメイの見比べセットから、南仏ガメイという変わり種ワイン。

造りてはボジョレーの帝王と呼ばれているジョルジュ・デュブッフですが、輸入元であるサントリーさんのページ探してもこのワインの詳細は見つからず謎の多いワイン。

販売元の情報によると、南西地方のガメイを使ったワインとのことなので、ちょっと変わったガメイを期待して飲んでみました。

結論、ボジョレー・ヌーボーと何ら変わりない味わい。

もちろん、同時の見比べなんかすれば、「ぜんぜん違うやん」となるんでしょうが、年に多くても3本ぐらいしか飲まないボジョレー・ヌーボーにおいて、そこまで繊細な違いに気づくことはできません。

2021年のビンテージなので、2年熟成させてもフレッシュな味わいを保ててるのはある意味凄い。

ヨーグルトの乳酸っぽい要素が、ジュースワイン的に楽しめるので、飲む場面さえ間違はなければ落胆することはないでしょう。

単品販売価格1800円。

南西地方ならもっと安いだろうと思う反面、ジョルジュ・デュブッフブランドと華やかなエチケットで許せてしまうのであります。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Bランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート受験者向けサポートやウェブコミュニティを運営。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、2024年2月・ブログ2132記事、You Tube動画150本、Podcast205回、note177記事、電子書籍15冊、インスタ2千投稿超え。ネットでワインのことを語ってる発信者であり、一日中何飲むか何食べるかを考えているプロのワイン消費者です。お仕事のお依頼お待ちしております。