スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
スペイン

高ワインはシビアにジャッジ。


マルケス・デ・ムリエタ・レゼルヴァ/ マルケス・デ・ムリエタ 2016

MARQUES DE MURRIETA RESERVA 2016

参考小売価格:3500円

購入価格:5本で7100円

産地:スペイン/リオハ

品種: テンプラニーリョ/グラシアーノ/マズエロ/ガルナッチャ

購入元:エノテカ(楽天)

インポーター:エノテカ


マルケス・デ・ムリエタ・レゼルヴァ

ここ最近はオーストラリアの代表的白ワインである「グリューナー・フェルトリーナー」を集中的に飲んでいたため、久々に赤のニューボトルを抜栓。

一応小瓶に移し替えた赤ワインを毎日欠かさず飲むようにしているので、赤自体が久々と言うわけではないのですが、久しぶりに空けるニューボトルは絶対に外したくなかった為、高級ワインをチョイス。

しかし、すでにフラグは立てているのでお気づきかと思いますが、結論から言うと、自分の期待していた欲求を満たすことはできませんでした。

香りは華やかで力強く、黒系果実、ハーブ、ミント、赤花などの要素が均等に混ざり合い、5千円前後の5年熟成ボルドーぐらいに感じましたが、飲んでみるとアルコールの浮いた感をキツく感じます。

ボディーの重さ自体はフルボディに近いミディアムなのですが、飲んでてヘビー。アルコール表記が14%なので、強めと言えば強めなのですが、ストロング系飲料を飲んだ時に「グサっ」と突き刺さるような酔いが体を襲います。

よく言えば余韻も長く、熟成ニュアンスも受け取れるのですが、ただ濃いだけのワインって先入観を一度持ってしまうと、、、、

外が明るいうちの一発目に飲んでいますし、私の体調が芳しくない可能性も否めないので、参考にしてもらうには危険なテイスティング日記です。でもな〜、最近飲んだ千円コンビニワインと大差ないような気がしないでもないことは小声で伝えておきます。

庶民のワインポイント 

(採点基準はここをクリック)

値段(小売):30点

生産地:4点

アロマ :7点

バランス :4点

余韻 :8点

複雑性:8点

買いやすさ:3点(楽天では売り切れ、エノテカ本家でゲット可能)

主観:2点

総合得点:66点

庶民のマリアージュ

濃い目の料理ならなんでもイケルタイプですが、肉系料理と合わせるのがベスト。

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。