オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

フランス/ブルゴーニュ地方

もしやヌーボー売れ残りのラベル違い説。

ジョルジュ デュブッフ ボジョレー 2021

GEORGES DUBOEUF Beaujolais 2021

参考小売価格:1633円

産地:ブルゴーニュ地方ボジョレー地区

品種: ガメイ

購入元:CAVE de L NAOTAKA(楽天)

インポーター:サントリー株式会社

ボジョレー・ヌーボー入りガメイ飲み比べセットに入っていた「ボジョレーの帝王」ジョルジュ・デュブッフのヌーボーじゃないボジョレー。

飲んだ印象としては「ボジョレーヌーボーの売れ残り」。

軽やかでフルーティー。「これ、今年のボジョレーヌーボーです。」って言われても疑問に感じないと思います。

もしや本当にヌーボー用に造ったワインをラベル違いで出してるだけでは?と思い、サントリーさんのページで確認すると、

ヌーヴォーよりも長い発酵期間をとり、半年ほど熟成させてから翌年の春以降に出荷される。

とのこと。

それにしてはヌーボーと比べてもお安いですし、味わいに対するコスパも悪くありません。

ただ、「ボジョレーヌーボーを飲むな勢」がこのワインを飲んだときに「ボジョレーは飲むな勢」に進化するかもしれません。そうなると本来の「ボジョレーヌーボー飲むな勢」が主張している「ヌーボーじゃないガメイはもっと美味しい」理論が崩壊するという、書いててもゲシュタルト崩壊しそうな事が起こります。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Bランク


ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート受験者向けサポートやウェブコミュニティを運営。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、2024年2月・ブログ2132記事、You Tube動画150本、Podcast205回、note177記事、電子書籍15冊、インスタ2千投稿超え。ネットでワインのことを語ってる発信者であり、一日中何飲むか何食べるかを考えているプロのワイン消費者です。お仕事のお依頼お待ちしております。