オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

フランス/ブルゴーニュ地方

久々に心底地雷と思ったやつ

ジャン・ポール・ブラン シャルドネ・クラシック

Jean-Paul Brun Chardonnay Classic

参考小売価格:6737円(1.5リットル)

産地:ブルゴーニュ

品種: シャルドネ

購入元:オールドヴィンテージドットコム

インポーター:株式会社アルディス

決して不味いという訳では無いです。

この値付けに(1.5リットルで7千円近い)関して消費者舐めてると思ったからです。

定期便で20%オフで購入したものの、それでもボトル換算すると2700円。

一般的なブルゴーニュワインが買えます。

でもこのワイン、箱です。コストカットが魅力の箱ワインです。

そんなワインをなぜ購入したかと言いますと、「一般的なブルゴーニュワインより格上の味わい」を期待していたからです。

味はいたって平凡な投げ売りマコンクラス

酸度が物足りない平坦な味わいで、花梨とニッキ水をオークチップで誤魔化したような味。

苦辛でドライ感じるのと、ボディはしっかりしているので、1500円ぐらいのブルゴーニュと思えば悪くないですが、750mlで2700円です。

ウォーターサーバーのように飲めると書いてありますが、ウォーターサーバーのように出てくる液体がクラフトビールより高いです。

冷蔵庫においてあるクラフトビールはもったいなくて開けるのを躊躇するときがありますが、箱ワインはちょっと酔って気が大きくなるとプシューっと値段感覚気にせず飲んでしまいます。

高い箱ワインは地雷だと以前結論を出しておりましたが、ブルゴーニュでもそれは同じ同じですね。

箱ワインのホットゾーンは3リットル3000〜4500円のレンジ。そして、たまに2千円台で掘り出し物がみつかるのが、箱ワインの楽しみ方。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Eランク



ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート受験者向けサポートやウェブコミュニティを運営。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、2024年2月・ブログ2132記事、You Tube動画150本、Podcast205回、note177記事、電子書籍15冊、インスタ2千投稿超え。ネットでワインのことを語ってる発信者であり、一日中何飲むか何食べるかを考えているプロのワイン消費者です。お仕事のお依頼お待ちしております。