オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

イタリア/北部

バルベーラって品種の印象が変わる

ファヴァ ニッツァ 2016 テヌータ ギャレット ジャンニ ガリアード

Fava Nizza DOCG 2016

参考小売価格:7480円(税込み)

産地:イタリア・ピエモンテ州・ニッツァ

品種: バルベーラ

購入元:CAVE de L NAOTAKA(楽天)

インポーター:株式会社都光

毎月1日の福袋商戦でゲットした貴族のワイン。

原産地呼称NIZZAは、認定が最近のためソムリエ試験でよく出題されるDOCGなので、ずっと気になっていたワイン。主要品種バルベーラも、振り返ってみると去年の8月から購入していなかった勉強すべき品種。

しかも前回前々回と比較的安価なバルベーラだった為、ほんとうの意味で品種特性を理解できたか怪しい所。

ブラインドテイスティングコンテストも残り一ヶ月近くなったので、集中して高級バルベーラを味わってみました。

外観は濃い紫で、パワフルな粘性が14,5%のアルコール度に説得力を与えてくれます。

シダ、杉、森の香りから入り、飲んでみて梅やダークチェリーのスッパ要素満開の酸味ワイン。

余韻は長いですが、心地よい要素というよりはアルコールの強さが舌に残る感じで7千円級の説得力は得られないのが正直な所。

庶民(貧乏舌)には分かりづらい良さはきっとあるんでしょうけど、、、

本日の組み合わせ

全神経を尖らせてマインドフルネステイスティング。

食事と合わせると本領発揮しそうですね。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Cランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com