オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

フランスその他

赤ワインでヨーグルトを感じる

マス・ド・ジャニーニ・ルージュ 2020

MAS DE JANINY ROUGE [BIB]

参考小売価格:4980円(3リットル)

産地:ラングドック

品種: カリニャン

購入元:三本酒店

インポーター:ディオニー株式会社

白バージョンがホームラン級に気に入ってたマス・ド・ジャニーニのルージュ。

なぜ赤は避けていたかと言うと、カリニャン単一で美味しくなりそうな印象がなかったからです。もちろん探せば気に入るやつもあるでしょう。しかし箱ワインにしては少し高価ですし、はずしたら3リットル嫌々飲まなくてはという苦行がまっているわけです。

始めから好みではない可能性が高いそうなら、そりゃ避けますって。

ただ、今回は酒屋さんから次のロットから大幅値上げと案内を頂いたので、それなら試してみるかとなりました。

飲んだ結果は悪い意味で想像通りでした。

乳酸が強くヨーグルトのような風味。酸味主体なのに垢抜けないモサッとした感じが飲んでいて引っかかります。

念を押しておきますと、自然派の安赤ワインによくありがちなタイプなので、単に好みの問題です。好きな人は好きだろうなぁ〜と飲みながら「レッツポジティブ」と頭切り替えて飲みます。

外観は濃いめの赤紫、色調は明るくやや透過性があります。

ブルーベリー、ヨーグルト、青草、綿あめ。口当たりは優しく、酸味は中程度+。塩味のしょっぱさから余韻でヨーグルトに戻ってくる。

自然派好きには好まれると思います。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Cランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com