オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

イロモノワイン

99%以上のワイン愛好家が買わない果実酒

葡萄の小道(白)1.8Lパック

参考小売価格:700円ぐらい(1.8リットル)

産地:海外

品種: 不明

購入元:リカオー

製造元:南アルプスリバレッジ株式会社

ワイン愛好家が最も避けているワインといえば「濃縮還元、国内製造」ではないでしょうか?

私自身、少しワインを勉強した時期は「似非ワイン」とバカにしていましたが、大手企業が「売れないものを作る理由がない」と考えると、「需要があるから造られている」と考え直しました。

製造工程はどうであれ「ワイン」は「ワイン」ですし、この安さは輸入ワインでは実現不可能。

中甘口表記が地雷って分かっていながらも最悪炭酸割りで凌ぐ前提で購入してみました。

一口目、吐き出しそうになりました。想像以上に飲めた代物ではありません。

しかし、半ばネタとしてジョッキに氷いれてロックで飲み直すと普通に飲めます。

むしろ美味しいと表現しても良いかも知れません。

リキュール類をストレートでそのまま飲む人が少ないように、この色物系ワインもそのまま飲むようでは無いのかもしれません。

氷を入れることで、甘さが引き締まりバランスが整っています。

ぶどうジュースそのまま飲むより、氷いれて飲んだほうが美味しく感じる感覚と全く同じ。

炭酸割り覚悟してましたが、氷だけで十分美味しく頂けましたよ。

説明書きの「食事に合う」って文言もあながち間違っていないです。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Bランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com