オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

・テイスティング日記

「やや甘口」表記に身構えてみる

シャトー・マルス デラウェア オランジュ2020 

参考小売価格:1635円税込み

産地:日本・山梨

品種: デラウェア

購入元:イマデヤオンライン

製造者:本坊酒造株式会社

昨日紹介した甲州オレンジと同じシリーズで品種違い。

甲州が「やや辛口」表記で甘く感じたので、デラウェアの「やや甘口」表記には相当身構えて挑んでみました。

香りは綿あめや桃を感じますが、アロマから感じる甘さは心地よいレベル。

思わず飲むのを躊躇ってしまうほど好きな香りだったので、その時点であたりワイン確定。

口に含むと初めは酸っぱさが勝っていましたが、時間が立つと表記通りの「やや甘口」で安心します。

砂糖的な甘さではなく、ブドウとしての自然の甘さ。

厚みのないボディーですが、旨味を感じるのでバランスは綺麗です。

アルコール度数11%通りに、あまりアルコールを感じないので1本通しだと物足りないですが、和食との相性を期待できる「やや甘口」の日本ワインですよ。

シャトーマルスより新商品!今度はデラウェアから造られた、やや甘口のオレンジワインです。「甲州オランジュグリ」も大好評なシャトーマルスのオレンジワイン。メロンや洋ナシ、白い花を連想させる豊かな香りと、ほんのり甘さを感じつつもデラウェアらしいフレッシュな酸味が味わいを引き締めてくれます。
後味にはブドウの皮に由来する旨味が心地よく長い余韻となって残る、スッキリとした甘さを持った味わいです。

https://www.imaday.jp/c/wine/gd15363

本日の組み合わせ

甘いものを辛いものに合わせる。

意外と合いますよ!

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Aランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com