オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

フランスその他

テロワールを感じれない自然派ワイン

バスティヨン・ド・ガリーユ シャルドネ キュヴェ・フリュイテ 2020

Bastion (Bastide) de Garille Chardonnay Cuvée Fruitée 2020

参考小売価格:1900円ぐらい

産地:ラングドック

品種: シャルドネ

購入元:三本酒店

インポーター:野村ユニソン

野村ユニソンさんの特売案内が来たので購入した低価格の自然派ワイン。

自然派ワインはテロワールだとか個性を楽しむなんて良い言われていますが、低価格の南仏は似たりよったりな感じがしてます。

このワインも良い意味で想像通りといいますか、今まで飲んできた南仏シャルドネのイメージとほぼ同じでした。

飲み始めは8度スタート。香りは控えめ、一口目のインパクトは苦くて辛いタイプ。

柑橘の酸味が特徴的で、食中ワインのお茶的なポジションとして楽しめます。

個性がない安ワインと言えば失礼かもしれませんが、このタイプなら箱ワインで十分だと感じます。そう考えると割高に感じてしまうんですよね。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Cランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com