フランス/ローヌ地方

べんとう!で覚えよう。千円以下で買えた、ローヌの「ヴァントゥー」

ドメーヌ・ド・ジュ・ヴァントゥー/Domaine de ju Ventoux Rouge

参考価格1280円

購入価格:850円(在庫処分割引、まとめ買割引)

産地:フランス/ローヌ/ヴァントゥー

品種:グルナッシュ/シラー/カリニャン

購入元:リカオー(地元の酒屋)

インポーター:株式会社ルミノ・ヴィーノ

グルナッシュやら、シラーやらのスパイシー系の品種があまり得意ではないので、つい敬遠しがちのローヌワインですが、千円以下の小区画AOCワインだったので試してみました。

ローヌ地方のと言えば北部のエルミタージュやら、シャトーグリエ、コンドリュー、コルナスが高級ワインの銘醸地として有名ですが、南部と言えばと問われると、「庶民のロゼワイン・タベル」と「変則的なシャトーヌフデュパプ」ぐらいではないでしょうか。

そう、このワインは南部地方に属している「ヴァントゥー」

一般認知度はそれほど高くないのですが、少しワインを勉強したかたなら、共感していただけるであろう、この語呂的な覚えやすさ。

べんとう! ヴァントウぅ!

とまぁ、予断はこのあたりにしておき、ワインの方ですが、1500円で買っていても腹が立たないであろう、合格ラインは突破しておりました。

ややライトなボディですが、酸味とタンニンがしっかりと感じられるので、飲みごたえはしっかりとしております。甘みが抑えられている分、幅広い食事とのマリアージュを期待できるので、使い勝手が良いワイン。

抜栓後4日間に分けて飲みましたが、味わいの変化もなく、非常に安定したカジュアルタイプなので、お茶が変わりといったポジションが似合います。

難点とすれば、このワイン1本を飲んだだけでは物足りない感が否めないです。お茶がわりと言えど、2杯飲んだら飽きてしまう味だし、かといって、最後に持ってくると、印象に残らないし、、、、

普段2、3種類のワインを飲み比べする人の1杯目ワインとして申し分ないですが、一晩に1本しか飲まない人であれば、あまり進めたくないタイプです。

ABOUT ME
たいがくん
たいがくん
所長:たいがくん(35)/年間個人消費500本以上のワイン中毒者/ブラインドテイスティングコンテスト日本一を目指しています。/毎日更新のワインテイスティング日記/一般庶民のワイン好きの皆様、アル中予備軍様にお役に立てる情報を心掛けております。/上級ワインエキスパート