オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

フランスその他

フルーティーなワインの気分?

ドメーヌ・ユービー / ドミュス

Domaine UBY No3

参考小売価格:3800円(3リットル)

産地:フランス・南西地方

品種: コロンバール80% ソーヴィニョン・ブラン20%

購入元:フィラディス

インポーター:株式会社フィラディス

ビコーズシリーズを購入した抱き合わせとして、未だ試せていなかった箱ワインを購入。

日本に輸入されている3リットル3千円〜4千円の価格帯の箱ワインは、全部買うと決めているのですが、大好きな品種コロンバール主体なので期待が持てます。

成熟したワイン文化を持つフランス国内で販売本数No.1のガスコーニュワインということなので、絶対美味しいという前提で購入してみました。

飲む前は、私が箱白ワインで大絶賛している、マスドジャニーニや、エステザルグの方向性(濃厚果実味、複雑でガッチリしたボディ)だと思いこんでおりましたが、箱には大きな文字で「フルーティーホワイト」という名前が。。

飲んでみるとまさに「フルーティー!!!」と叫びたくなるフルーティーワイン。

フルーティーなワインって夏場は重宝しますし、たまに飲みたくなるのですが、意外と食中ワインとして合わせるのが難しかったり、昼間飲みたくなるので「箱」で家にあると危険なのであります。

コロンバール80% ソーヴィニョン・ブラン20%とありましたが、むしろ逆の割合でないかと第一印象で感じました。

その後、日をまたいで飲み重ねて行くと、最初に感じていた単調なフルーティーワインという印象は変わっていき、種の苦味や花の要素も現れてきます。

瓶なら1本2千円でもおかしくないクオリティ。今年であった箱ワインで一番のお気に入りです。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Sランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com