オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

・テイスティング日記

ロゼの掘り出し物に求める条件

ブーケンハーツクルーフ ポークパインリッジ ロゼ 2021

Boekenhoutskloof Porcupine Ridge Rose 2021

参考小売価格:1900円

産地:南アフリカ

品種: シラー、サンソー

購入元:アフリカー

インポーター:株式会社マスダ

南アフリカのお目当てワインを送料無料で購入するため、アフリカーさんの売れ筋ロゼワインを同梱購入。

辛口のロゼワインは食事とあわせるというか、お茶のようなポジションで嗜む物。安ければ安いほど嬉しいですし、たまに掘り出し物(濃厚で個性的なタイプ)にも遭遇します。言うならばハズレのないくじ引きみたいなもの。

このワインも売れ筋ではありましたが、「お茶(食事の邪魔をしないワイン」として過度な期待をせずに登板させてみました。

飲み始めの温度は8度スタート。香りはなし、まぁ想定の範囲内。切れのあるドライなテイストで、骨格もしっかり目。多少しょっぱさがありますが、逆に食事と合わせることで良い仕事をしてくれます。醤油とか出汁ベースの和食にも合わせやすいですし、お刺身と合わせても魚の臭みはでてきません。

ワインだけで飲んでも口の中で転がしながら楽しめますし、定価3千円って言われても違和感のないクオリティ。

普通以上にめっちゃ美味しいですが、個性があるかと問われると既視感はあります。

大絶賛しにくい反面、この価格なら腐す人はいないだろうという評価です。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Bランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com