フランス/ローヌ地方

庶民のワイン大賞2022年はこれで決まり

レ・グランド・ヴィーニュ コート・デュ・ローヌ・ブラン エステザルグ 2021

Les Grandes Vignes Cotes du Rhone Blanc Bag in Box Les Vignerons d’Estezargues 

参考小売価格:4500円ぐらい(3リットル)

産地:フランス・ローヌ地方

品種:  グルナシュ ブラン 80%、クレレット 10%、ブールブーラン 10%

購入元:三本酒店

インポーター:野村ユニソン

いや〜、こんなワインを待ってたんですよ。

中身は高ワインなのに、箱になっていることで安ワインになってるやつ。

この「エステザルグ」は、ローヌ河南部の街アヴィニョンの南西側に位置しており、加入者が10名たらずというフランス最小規模の協同組合。

インポーター説明によると、

協同組合といえば、多収量・低価格のブドウを生産者から買い入れて価格の安いバルクワインを造るというのが一般的ですが、エステザルグ協同組合ではそれぞれの生産者が品質にこだわったワインを造り、自らの名前をエチケットに記してリリースしています。「協同組合」としての大きなメリットは、農機具や新しい醸造設備を共同で購入したり、醸造アドバイスを受けるシステムが構築しやすいなど、品質向上に向けた資金面でお互い協力し合える点といえます。

http://unison-wine.com/vignerons/estezargues/

そして、栽培に関しても徐行剤や化学肥料を使用しない自然派ワイン好きワードがずらりと並びます。

いわゆる「がぶ飲み箱ワイン」とは違うタイプで、箱はリリース後すぐに品切れになる人気とのこと。

今年の頭にルージュを飲みましたが、あまり好みのタイプだったのでスルーしておりました。しかし、いざ欲した時にはずっと品切れになっており、新ビンテージで待望のゲット。

飲んでみたら期待値を悠々に超えてきましたよ。

果実味が豊かとかよく例えられますけど、凝縮感がすごい。

蜜のようでいて、ミネラルな要素と酸味がバランスをとっています。

がぶ飲みしようと思っても、がぶ飲みできません。一口ごとにグラスを回して味わいたくなります。

実勢価格税込み4千円切ってくるところもあるので、750ミリのボトル価格換算だと約千円超えるか超えないか。

これはありえないクオリティですね。味だけで判断すると3千円超えてくるライン。

料理の旨味を引き出してくれる出汁的な要素もあり、食中ワインとして完璧のバランス。

冷え気味で飲むと勿体ないので、11度ぐらいで飲むとその「旨味」を体験できますよ。

ACローヌのギガルを始めとしたヴィオニエ系品種が好きな人は絶対感動します!

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Sランク 箱基準でもSランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。
ソムリエ・ワインエキスパートのおすすめ教材