スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
フランス/ブルゴーニュ地方

これぞご褒美ワイン。香りだけで1時間イケル。

アロース コルトン ル シュショ シモン・ビーズ 2016

Aloxe-Corton Le Suchot Simon BIZE 2016

参考小売価格:8700円

購入価格:7656円

産地:フランス/ブルゴーニュ/アロースコルトン

品種: ピノ・ノワール

購入元:鬼田酒店

インポーター:ラックコーポレーション

アロース コルトン ル シュショ

一昨日はブラインドテイスティングコントストたるものに出場しておりまして、密かに準備を整えてたのであります。

それは、ピノ・ノワールの封印。

どんな造り手だろうが、生産国だろうが十中八九外さない品種ですし、出題する運営側もわざわざイージーな品種出さないと予測しておりました。

結果的に予測は当たったものの、コンテスト終わりにピノ・ノワールを絶対に飲むと決め込んでいたので、何を飲むか悩んでいたところ。

コンテストの自信がなければドイツの安ピノ、まぁまぁならマルサネ、自信ありならジュヴレシャンベルタンあたりかなぁなんて考えておりましたが、まぁ自信ありなわけですよ。

その根拠は、回答を尖らせたとでも言いましょうか、他の出場者が絶対に答えない内容にしたので、ハマればデカイってやつですね。

そんなこんなで話それましたが、すでにコンテストの予選は通過した気満々なので、ご褒美ワインを当初考えていた物よりランクアップ!

ストックピノ・ノワールの中から一番高い購入価格のシモンビーズ登場です。

昨年のラックコーポレーション試飲会割引で購入し、正月でも誕生日でも開けなかったワインをこのタイミングで抜栓。

まぁ、旨いのは当たり前として、普段低価格ワインしか飲んでいないと、香りの深さ、強さに度肝抜かれるわけですね。

冗談抜きで飲むのが勿体ないと思える恍惚なアロマ。あえて雰囲気なんか作らずに、平日の夕方に平凡飲みで試しているのでこのクオリティ間違いなし。

口に含むと初めは酸味が尖っていましたが、15分もすれば飲み物ではなく麻薬(やったことないですが。)

どんな液体でも(水でも)飲むと口の中で、硬度による引っ掛かりを感じるのですが、シモンビーズは綿菓子のような柔らかさに全身の力が抜けてしまうわけです。

追伸

ワタクシの持論として、高ワインはみんなでワイワイ飲むと価値が薄れるため、一人でがめつくヒッソリ飲むのが好きなのですが、高ワイン道場さんが楽しく高ワイン飲みまくってるの読むとジェラシーを感じちゃったわけです。地方民も負けてられないですわ。

庶民のワインポイント 

(採点基準はここをクリック)

値段(小売):0点

生産地:5点

アロマ :10点

バランス :10点

余韻 :10点

複雑性:10点

買いやすさ:2点

主観:10点

総合得点:57点

庶民のマリアージュ

庶民は3千円以上のワイン飲むのに、料理との組み合わせなんて考える必要性なし!じっくりワインと向き合うべし。

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。