オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

フランス/ロワール地方

うわぁー(棒)、シュール・リー(澱とともに熟成)効いてるわ。

シャトー・ラ・マロニエール・ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ・シュール・リー2014/Chateau de la Malonniere Muscadet Sevre et Maine

参考価格:1242円

購入価格:1046円(店頭まとめ買い割)

産地:フランス/ロワール/ペイナンテ地区/ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ

品種:ミュスカデ=ムロン・ド・ブルゴーニュ(シノニム)

購入元:リカオー(地元の酒屋)

インポーター:株式会社モトックス

食卓に刺身が出てきた時につい飲みたくなる「ミュスカデ』

いろんな場面に合わせやすく、超カジュアルに楽しめる「ミュスカデ」

品種特性の低さから、澱の旨味成分をワインに移している「シュールリー製法」ですが、「ミュスカデ」「ミュスカデ」の感想しか出てこないのが難点。

今まで何本か飲んできましたが、「ミュスカデ」を同時に飲む機会がないので、作り手の違いなんか全くわからないのが正直なところ。

生産地域が「ミュスカデ」と限られているので、特性自体が出にくいのかもしれませんが、

この品種の立ち位置を、野球で例えると、谷間の先発ピッチャーレベル。

シーズン成績は、防御率4点台前半、3勝4敗2Hってところでしょうか。

劇的な投球を見せてくれるわけでもなく、四球で自滅するわけでもない一定の安定感はまさに「ミュスカデ」

今後も1本はストックを置いておきたい品種ですが、

この記事を見た方で、

「このミュスカデは面白いよ。」

とか、

「ミュスカデは本来5千円以上出すべきワインだよ。」

って意見があれば、ツイッターで構わないので教えていただきたい次第でございまするm(_ _)m

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート受験者向けサポートやウェブコミュニティを運営。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、2024年2月・ブログ2132記事、You Tube動画150本、Podcast205回、note177記事、電子書籍15冊、インスタ2千投稿超え。ネットでワインのことを語ってる発信者であり、一日中何飲むか何食べるかを考えているプロのワイン消費者です。お仕事のお依頼お待ちしております。