フランス/ロワール地方

アマゾン売り切れワイン/ミュスカデはもっと評価されるべきだ。

ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ シュール・リー /Muscadet Sevre et Maine Sur-lie

購入価格:1854円

産地:フランス/ロワール/ペイナンテ地区

品種:ミュスカデ

購入元:アマゾン

3月の時点ではアマゾンプライムで販売されていたのですが、現在はマーケットプレイス(送料がかかる)のみの出品となっておりました。

ミネラル感や、ヨードのニュアンスが豊富なので、海鮮類や和食とのマリアージュが抜群です。同系統のフランス白ワインの代表格である「シャブリ(シャルドネ)」の格安ワインを買うぐらいなら、このロワールの「ミュスカデ」や日本の「甲州」を選んだ方が確実に幸せになれるでしょう。

癖がないような味わいの中に光る「シュール・リー」製法で得た澱の旨味成分。その旨味が陰ながらミュスカデワインの個性を際立てています。フルーティーさや畑のイメージよりは、海を感じることができます。

早飲みの2千円以下ジャンルで絞れば、シャルドネ、ソーヴィニオンブラン、リースリングのメジャーどころより、もっと評価されるべき品種です。

すなわち、庶民が選ぶべき白ワインとしては、エースと称しても過言ではないです。合わせる料理を選ばないにも関わらず、ワイン単体でもそのテロワールを感じることができるワイン。飲まない理由はないでしょう。

ABOUT ME
たいがくん
たいがくん
所長:井原大賀(36)/年間ワイン消費50万ml以上の狂信者/ブラインドテイスティング日本一を目指しています。/ソムリエ協会認定講師/ポッドキャスター/毎日更新のテイスティング日記/毎週配信のネットラジオ/コラボやお仕事のオファー受付中 /Appleフリーク/FP/経営コンサルタント