オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

フランス/ローヌ地方

年々美味しく感じてくる理由

ル テロワール コート デュ ローヌ 2020 シャトー ボーシェーヌ

Cote du Rhone Le Terroir 2020

参考小売価格:3080円

産地:フランス・ローヌ地方・実質シャトーヌフ・デュ・パプ

品種: グルナッシュ70%、シラー25%、ムールヴェドル5%

購入元:CAVE de L NAOTAKA(楽天)

インポーター:株式会社都光

鬼コスパセットの定番銘柄シャトー ボーシェーヌ

毎年新ビンテージを飲んでおりますが、年々美味しく感じだしました。

シャトー ボーシェーヌ以外のワイナリーも総じて過去より美味しく感じているので、ワイナリーのレベルが上ったというより、飲み手としてのリテラシーが高まってきてると言えます。

スピーカーやヘッドホンで例えてみましょう。

音は価格が物を言う世界と言われていますが差が出るのはズバリ「解像度」。安いヘッドホンで聞こえてなかった音が、高級ヘッドフォンだと細部まで音が拾えるのです。

オーディオ機器は支払う金額で音楽のクオリティが変わってきますが、ワインは飲み手の経験値が感度を高めてくれます。

昔感じなかった奥行きや立体感が理解でき、カルテットぐらいの構成で飲んでいたのがフルオーケストラのように感じます。

おそらく安いワインで味覚を鍛えてるからこそ、3千円ワイン価値を理解できてきたのでしょう。昔苦手だった南ローヌワインがこんなに美味しく感じるとは思いもしませんでした。

もちろん、ペアリングの恩恵も大きいですけどね。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Cランク

 

 

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com